難波です^^


11月も10日を過ぎて早いですね~^^


本当にいつも言ってることですけど
油断すると1年あっという間に終わりますねw


ということで
今日はニュースキンについて書きます。


まぁ、ネットワークビジネス系に
興味があるなら一度は名前を聞いたことがある
会社だと思います。


僕の周囲にもニュースキン経験者は
とても多い。


アフィリエイト系をやってる人で
MLMの元経験者なども実際かなり多いわけで

僕も何度も勧誘を受けています。


で、MLM系に共通して言えることは
全肯定、もしくは全否定の
まともな意見が全く存在しないということ。



何かしらのビジネスをやっている人は
自分のビジネスを基本絶賛する傾向があります。


「芸能人も使っている」

だとか

「成功者の誰々は凄い」

だとかそういう話をするわけですね。



一方でアンチについては

「ネットワークビジネスは
絶対に悪い」


というふうに言うわけです。


つまり、両極端なんですねw


これはニュースキンにも言えることで、
ファンとアンチは基本両極端なのは
否めないですね。


その中で

「じゃあ何が正しいんだよ」

というのが率直な意見だったりします。


まぁ、実際問題として
少し考えればわかりますが、


万人にとって100点満点のビジネスは有り得ないですし、
逆に0点のビジネスも存在しないわけです。



要は、見方によって評価は変わるという事。


その辺は客観的に見る視点が大事だとは思いますね。


ということで、その辺を踏まえて、
ニュースキンビジネスの真実について
レビューを書いていきたいと思います。


ニュースキンビジネスの会社概要及び製品の評判 レビュー



nusukin1.png

ニュースキンジャパン
東京都新宿区西新宿6-5-1
新宿アイランドタワー23階

事業内容はパーソナルケア製品、栄養補助食品、
および生活関連製品の製造・輸入・卸売販売と、
インターネット関連サービスの提供

代表取締役 ライアン ナビアスキー
資本金 17億600万円
売上高 345億円(2014年)




まず、大前提として言えることは
ネットワークビジネスは製品の流通を
作るビジネスだということ。


要は、「製品のファン」が増えれば
その部分が、リピート収入となり
不労所得化するわけですね。



その点で何よりも大事なのが
製品の良し悪しです。


というところで、まず

「ニュースキンの製品は良いのか?」

という点が大事です。


この点については実際に僕も色々と
使わせてもらいましたが間違いないです。



ちなみに、ニュースキンでタイトルを
持っている知り合いがいるので、


ニュースキンで一般には
まだ発売されていない、リーダーだけが
先行で手に入れることができたコチラ。


genLOC Me(ジェンロックミー)

genloc.jpg


ジェンロックミーは写真真ん中ですね。


これも僕自身使ってみましたが

「これは普通に良いな」

と思えるものでした。


多分、現役でニュースキンをやっている
大半のメンバーもまだ使っていないと思いますが
普通にこれは期待出来るモノだと思いますね。



このジェンロックミー自体がニュースキンの
社運を懸けているものらしくまぁ、気合いを感じますねw


あと、これ以外にもまぁ色々使いましたが
良い製品は本当に多い。


消毒のエスネピックハンドサニタイザーなんかは
マイナーですが普通に良いです。


まぁ、化粧品関係は完全に肌に合うかなので
主観がモノをいうわけですが、
少なくとも僕は

「質が高い化粧品」

だとは感じますね。



よって、

「純粋にニュースキン製品が好きだから
購入を続ける」


という愛用者層が生まれやすい、
というふうに考えられます。


この点では僕は優れていると
まず感じますね。


愛用者さえ生まれれば

「好きだから継続して買う」

というわけでビジネス的に見ても
不労所得化するわけです。



一人の愛用者からの収入は安くても
これが積り重なると馬鹿にならない、

というワケです。



ニュースキンビジネスの評判 苦情、被害は?



1981.png


で、次に、ビジネス的な面です。


はっきり言うと僕はニュースキンに限らず
ネットワークビジネスでは

「ボロ儲けすることも可能だけど
それに必要なエネルギーは相当大きい」


という風に考えています。


要は、大金を稼ごうと思えば稼げるけど
そこに注ぐエネルギーが大きいということ。


どちらかというと、少額を稼ぐのに
相応しいビジネスだというイメージです。



これは単純に口コミが大変だとか
そういう次元の話をしているわけではありません。


口コミにしろ何にしろどんな方法で
ダウンを増やしても、ビジネスの特性上
エネルギーがかかるわけです。



というのが大金を稼ぐには

「愛用者だけの流通」

では厳しいわけで

「ビジネス流通」

を作る必要があるからです。


この手のビジネスで安定して大きな収入を得るには
少なくとも数百人規模のグループを作ることが
必要なのは周知の事実。



まぁニュースキンはグループによっては
LOI連鎖などもあってこの場合は少人数で済みます。


これは1人1人が大量に製品を買い込んで回す
買い込み連鎖と呼ばれるものです。


1人あたりの購入金額が高いので
流通人数が少なく済みます。


これでタイトルを獲得している人がいるのも
まぁ事実だとは思います。


ただ、少人数で大金を払って
ポイントを回すやり方だとまぁ、安定はしません。



もし、

「ニュースキンが大好きだから
毎月何十万分も買うよ」

って人ばかりだと問題ないですが、

「早く稼ぐために、
必要以上にニュースキン製品を買い込んでいる」

というケースの場合。


当然ですが、結果が出ないと負担を感じて
途中でLOI連鎖を続けることが難しくなるわけです。



何せ数十万も出してるわけで、
目的が製品じゃなくビジネスだったら結果が出ないと
もうきっついわけですよ。


それで下がやめて、下から崩れる、
というのが真実です。


要は、買い込みとかによるビジネス的流通だと
どこかで「無理が起きる」という事。



だからこそ、安定には多くの人数で
無理がない金額でグループ構築する方が
間違いないわけです。



でも、多くの人数を作る場合にも
もちろん問題があります。


というのが、500人とか1000人の人が集まると
そこには「人間関係」が生まれます。


そして、その500人や1000人が
全く同じ方向に向かうかというと
そんなことはありません。



少し考えれば分かりますが

「たくさんの人が集まれば
それだけ色々現場で起きる」


という事です。


たとえば、誰かと誰かがトラブルを起こすとか
ダウン同士の「感情論」とか実際に
起こるようになるわけです。


ましてや「愛用」が目的ではなく
「ビジネス」が目的の場合、
本気の人がそれなりにいます。


そうなると本気の人と本気の人が
時としてぶつかることもあるという事。


これは、ニュースキンに限った話ではなく
どんなビジネスでも人数が増えてくると
人間関係の問題は起こりえます。



まぁ、少しイメージしたら分かりますが

「もう少しポイントが欲しいな」

とか思ったら買い込みまでいかずとも
製品の購入を勧めたりとか、

「盛り上がっている雰囲気を出したいな」

と思ったらセミナーへの出席をリーダーから
メンバーに依頼するとかがあるわけです。


そんな中で、つい命令とか義務になったりとか
ちょっとしたことで不快感を感じたりとか
色々まぁあるわけなんですよ。



全員が大人な対応をすれば済みますが
現場は決してそういうものでもないんですねw



ちょっと考えれば分かりますが
ネットワーク系の人は極端な人が多いわけで

中には怒鳴り散らしたりだとか
そういうケースも実際あるわけですよw


つまり

「無理が生じるようになる」

という事です。


こうして見ると、LOI連鎖のように
買い込みで連鎖させようが、
多くの人数でビジネス流通をさせようが

「人が集まる」

という特性から色々起きるわけなんです。



要は、わりと「生々しい部分」も
存在するビジネスだという事。



そして、そういう相談であったり、
悩みみたいなものがやっぱり多いわけです。


これは、現場では

「個人間のトラブルの問題」

だと捉えられがちですが、実際には

「組織を構築するビジネスの
構造的な問題」


だと考えられます。


何せ、成功者はごく一部で
大半が成功しないというのが
ネットワークビジネスの特性だからです。


報酬プランの仕組み上、
1人の成功者がいたとしても
その成功者に対しあまり稼げない大多数がいる、
という構図です。



これは、成功者の人数が増えても
同時に稼げない人も増える、という意味です。


当然、悩んでいる人は多くて
そういう人がずっと稼げない場合、
突然、アンチに回ったり

「稼げるって言ってたのに
どういうことなんだよ」

と怒ったりとか苦情や被害に発展したりとか
そういう事も多々あります。



逆に、アップがダウンが動かないことで
イライラしたりだとか厳しく言ったりだとかで
トラブルになることもあります。


そういう感情のやりとりは
正論とかは通用しないわけで、
基本、疲れるわけです。


10人とか20人の次元で疲れている人は
到底100人、200人でやっていくのは
きついのが実際のところです。



ましてや、ダウンが数人なのに
ダウンにきついことを言って
人間関係にひびを入れていたり


逆にダウンから嫌われたりだとか
そういうのをクヨクヨする場合。


人数が増えるとストレスも人数によって
増幅していくことになります。


数人で辛いと言っている人は
実質、人数が増えてもとてもじゃないけど
やっていけないわけです。



こういう要素がある中で
ある程度成功してから

「疲れて辞める」

という人は多々います。


僕の知り合いのニュースキンのリーダーさんも
結構稼いでいるのに途中でやめました。



それは、

「多くの人を抱えるビジネスという
特性から生まれてくるストレス」


が原因です。


特にその人は中間地点にいたので、
アップから裏側で色々言われるストレスと
ダウンから色々言われるストレスの
板挟みで疲れたわけですね。



これは、どういう手段でダウンを増やそうが、
ネットワークビジネスという特性上
必ず起こりうる問題です。


つまり、

「色々気にしすぎる性格」

の場合、それなりに稼げるようになっても
潰れることが普通にあるわけです。



この点を踏まえると

ガンガンビジネスをやって
ストレスやら感じるのが賢いのか?


というと微妙な線だと思いますね。


どちらかというと、ダウンにセミナーの強制など一切せず
義務なども一切なしで無理なくストレスを抱えずに
やる方が賢い、というのが僕の意見です。


また、不労所得になるか、というと
少なくとも数百人規模であれば
それは幻想でしかありません。



はっきり言って数百人程度の
ビジネス流通だと簡単に崩れるのが現実です。


本当の超トップクラスじゃないと
不労所得だとは言えない、

というのが真実です。


この辺を踏まえると、全員が出来るビジネスではない、
というのが実際のところだと思いますね。


ニュースキンビジネスの評判 まとめ



nuskin2.png


ということで、ニュースキンについて
色々書きましたが製品力は確かだと思います。


よって、無理なく製品を口コミして

「純粋な製品のファンを増やす」

という活動をして不労所得を作るのは
悪くないとは思いますね^^



実際これだけモノが良ければ
ファンの獲得は普通に起こります。



一方でLOI連鎖とかビジネス的な活動については
どれだけ「人を動かす力があるのか?」でほぼ決まります。


カリスマ性が高ければトラブルもあまり起きないですし、
順調にグループが成長していく事もあります。


一方で人間関係だとかその辺が面倒になると
かなり大変なビジネスだと思います。


この辺の「生生しさ」が実際にある中で、
本当に大事なのは

「人を動かす力」

だと僕は思います。


実はこの「人を動かす力」というのは
方法論があって、成功者はこの方法論を使っています。


だからこそ、多くの人から慕われて
大きなトラブルもなく伸びているんですね。


ただ、この辺も一朝一夕で身につくものではなく
当然ながらそれなりに時間がかかるものだし、
簡単にコピーできるものでもないんですね。


まぁ、簡単だという風によく勧誘されますが
そこまで簡単なものでもないって事ですね。


月に10万円とか20万円であれば普通に
アフィリエイトなどのネットビジネスの方が遥かに敷居は
低いと僕は思います。


興味がある場合はこちらも読んでみて下さい^^


全くの初心者がネットビジネスで毎月10万円を稼ぐ方法


ネットビジネスで月に100万円稼げるとどのように生活が変わるのか?


あと、MLMとネットビジネスの違いはこちらです。


MLMとネットビジネス、どちらが稼げるのか?


という事で参考になれば幸いです。


では、難波でした^^



■初心者が月10万円稼ぐためのお勧め商材一覧

・ブログ系のノウハウ

ネットビジネススタートに最適なトレンドアフィリエイトノウハウ

  ※トレンドアフィリエイトとは?


・Youtube系のノウハウ

超初心者でもOK!Youtubeで月10万円稼ぐノウハウ

  ※Youtubeで稼ぐ方法について全くの初心者向けに解説



PS.

ネットビジネスで知りたいこと、気になること、商材についての疑問点など
なんでも質問して下さい^^
↓↓
難波への質問はコチラ


また、僕の方でも150ページのPDFファイルにて
ネットで稼ぐ方法をプレゼントしています。


こちらもご覧ください^^

全150ページ以上のPDFをプレゼント!
無料で学べるメルマガです^^

↓↓

tokutensita.jpg