難波です^^


僕のサイトにはネットワークビジネス系の
相談もちょくちょく届きます。


その中でもアムウェイの方の問い合わせは多いです。


アムウェイと言えば中島薫さんという
トップ中のトップの成功者が有名ですね。


こちらが動画になります。





年収が10億とも言われていて長者番付などにも
出ていたとか数々の金持ち伝説を持っています。


この中島薫さん。


元々は作曲家として成功していたそうですが
アップにあたる有馬七重さんに勧誘されてアムウェイをスタート。


ちょうどそれが1982年というバブル以前の話です。


そして、参入から5年でアムウェイのトップタイトルでもある
クラウンアンバサダー(CA)DDを獲得して年収が1億超えしたそうです。


その後、さらにダウンが増え続けて中島薫さん専用タイトルになる
ダブルクラウンアンバサダー(DCA)DDというタイトルがアムウェイで
作られたそうです。



中島薫さんと言えば巨大な自宅も有名ですが
自宅もアムウェイからドリームハウスとして授与されたものとの事ですね。


まぁ、アムウェイ自体が以前よりも売上が落ちているので
今現在も10億稼いでいるかは未知数ですが
ただとにかく桁違いの実績があるのは事実です。



という事でこれだけ読むとめちゃくちゃ凄いわけで
アムウェイをやっている人からすると神と崇められています。


ただ、中島薫さんに憧れてアムウェイをする人はたくさんいますが
実際にはアムウェイで失敗していく人も後を絶ちません。



最初は「絶対に成功する」って気迫で頑張るものの
途中で急激にやる気が落ちていく人が多いです。

(僕の友達にも何人かいました)


どうして今からアムウェイが厳しいのか、
今回はその辺について書いてみます。


中島薫が成功した時代背景とこれからアムウェイをやっても難しい理由



amway1.jpg


そもそも、中島薫さんが成功した当時というのは
インターネットがない時代です。


ある意味、個人ビジネスと言えばネットワークビジネスのような
代理店形式が主流で行ってみればMLMが唯一個人に開かれた
ビジネスモデルだったわけですね。



それもあって、アムウェイに限らずニュースキンとか
その他のMLMも全般的に市場規模が大きかったですし、
アムウェイそのものが売上が伸びていたのです。


ですので、新しくアムウェイをスタートしても
今に比べてそれなりに成功しやすかったはずです。


しかし、今現在はアムウェイ自体が売上が伸び悩んでいます。


その背景にあるのがネット上にある
アムウェイの激安ショップですね。


いざ「アムウェイの商品が欲しい」と思ったとしても
正規で買うよりもネットで少し検索すれば
激安ショップみたいなものが簡単に見つかってしまいます。



この手の激安ショップも元をたどると

「アムウェイでビジネスを頑張っていたけど
アムウェイをやめたからネット上でいらない商品を転売した」

というものだったりします。


なので、品質は当然同じで値段だけ安いのです。


単純に商品が欲しければそっちで買う方が安いし得なのです。


つまり、

「ビジネスをやるわけではない商品が好きな人の流通」

というのが作りにくくなっているわけです。



また、単純にビジネスモデルという面で見ても

「マルチ商法は迷惑」

みたいな世の中の意見が既に根強くなっています。


ですので、誰かにアムウェイの良さを伝えようにも
話すら聞いてもらえない事が多いのです。



このような背景がある中で実質的に

「商品 = ビジネスを行うためのポイント」

という形で必死にタイトルアップのために
買い込んだり一生懸命勧誘をしているのが
今現在のアムウェイの実践者の現状だったりします。


ただ、参加時には夢を抱いてスタートするものの

「勧誘が全然上手くいかずにダウンが出来ない」

「ダウンが出来ないのに経費ばかりかかる」

「おまけに商品をたくさん買って家に溜まっていく」

「さらには友達の間で変な噂が立って気まずくなる」


など色々な壁にぶち当たるわけです。


まぁ、こういう壁にぶち当たって凹んだ時には
セミナーに出てアップから

「みんなそういう辛い想いをして成功したんだから
まだまだ頑張っていこう」

などと励まされてまた一時的なやる気を出して
頑張る・・・というようなパターンを繰り返していきます。



想像も絶するほどのストレスですよね。


初期段階でこれですが、グループが出来たら出来たで

「●●さんの下のダウンさんが辞めそうだからフォローが必要だ」

「あの人とあの人がちょっと険悪な雰囲気になっている」


など色々な人間関係の問題が発生したりして結構大変です。


要は中堅リーダーも大変なわけです。


こういう中である一定ラインを越えてしまえば
成功者の未来が待っているわけですがそこに至るのが
超絶狭き門なわけです。


そもそも、70万人ものアムウェイ会員がいる中で
月収20万円以上の人の割合は約7700組しかいません。


am1.jpg

am2.jpg

am3.jpg


引用:http://www.amway.co.jp/about/company/data/index.html


1%程度です。


この7700組には当然、

「1980年代からスタートしている中島薫さんや
その他の早期にビジネスをスタートしている人」

も含まれるわけです。



となると、2017年の今からスタートして
月収20万円以上稼げている人っていったいどれくらいいるのか?

そして、今から参加して稼げるまでにどれくらいの期間が必要なのか?

という話になってしまうわけですね^^;


この辺を冷静に考えてくると
本当に大変なビジネスだな~と思いますね。


第二の中島薫は生まれない?これからのアムウェイビジネス




アムウェイなどのネットワークビジネスは
中島薫さんのような億万長者がいるので夢があります。


しかし、きちんとビジネスモデルにも目を向けるべきです。


基本的には

「自分の友達や知り合いに製品やビジネスのよさを
口コミして流通を作っていく」

というのがアムウェイの仕事内容です。


この時、友達や知り合いが少ないと当然のように
声をかけられる母数は少ないですし、そもそも
日本にはネットワークビジネスアレルギーの人も多いです。



興味がない人に声をかけたところで最初から
玉砕することは確定しています。


そればかりか最悪友達の間でブラック入りリストして

「あの人痛いよね」

みたいな事を言われてしまいかねません。


そもそも中島薫さんのように

「最初から別の分野で成功していた人」

であれば発言に説得力がありますし、人はついていきますが
そうじゃない凡人が自分のお金稼ぎのためにアムウェイをやっても

「私を金づるにしている」

とか悪く捉えられてしまいかねないのです。


今の時代、友達に嫌われるリスクを抱えてまで一生懸命勧誘なんてしなくても
ネットの仕組みを使えばいくらでも稼ぐ事は可能です。



この辺は「柔軟に考えられるか」がかなり大事で
ネットワークビジネスだけに全てを委ねるのは危険だという事ですね。


僕自身もネットワークビジネスは一つやっていて
そこから10万円ほど稼いでいますが、何だかんだで
稼ぐならネットビジネスのほうが簡単だと思います。



以下のような記事も参考にしてみてください。


ネットワークビジネスとネットビジネス、どっちが稼げるのか?


ネットビジネスで初心者がまず生活費を稼ぐ方法とは


という事で参考になれば幸いです。


では、難波でした^^


PS.

難波がお勧めする商材はこちら

↓↓

難波が推薦する情報商材評価早見表


ネットビジネスで知りたいこと、気になること、商材についての疑問点など
なんでも質問して下さい^^
↓↓
難波への質問はコチラ


また、僕の方でも150ページのPDFファイルにて
ネットで稼ぐ方法をプレゼントしています。


こちらもご覧ください^^

全150ページ以上のPDFをプレゼント!
無料で学べるメルマガです^^

↓↓

tokutensita.jpg