難波です^^


ネットワークビジネス系の相談は多いのですが
その中でもアムウェイの方からの問い合わせは多いです。


僕自身もネットワークビジネスで多少稼いだ経験があるし
今でも月に10万円くらいは報酬があるので
いかに大変なビジネスなのかはわかっているつもりです。



口コミが辛いとか勧誘が辛いというのはもちろんそうなのですが
それよりも大変なのは組織運営だったりします。


自分の下に100人とか200人人が集まると
色々な人間関係の問題が起きたりもするし
女子同士のバトル的なのも発生します。



大体アップが駆り出されて仕事が発生するわけですね(笑)


もちろんセミナーもたくさんやりますし
全然不労所得どころかかなり忙しいのがMLMで
ちょっとした成功をした実情だったりするわけです。


その中でも今回はアムウェイで数年ほど前に話題になった
渡部敬祐さんについて取り上げたいと思います。


この渡部敬祐さんというと数年ほど前に

「アムウェイで史上最速でダイヤモンドDDを達成した」

と話題になっていた人物です。


しかし、数年後の今、

「渡部敬祐さんはもう活動休止してアムウェイを辞めた」

という風に話題になっていますね。


という事でこちらについて少し見ていきましょう。


渡部敬祐が成功したのは師匠の川嶋健史のお陰だった?



amway1.jpg

そもそも、渡部敬祐さん自身がかなり
凄い経歴の持ち主だったりします。


バスケットの名門である能代工業で
キャプテンとしてインターハイ出場、国体ではキャプテンとして優勝という
スポーツで物凄いキャリアを持っています。



その後、日本大学に進学後19歳でアムウェイの
中島薫さんと出会います。


参考:アムウェイ中島薫の年収は嘘?今からでも成功できるのか?


その後、半端ない勢いでタイトルを獲得していきました。


2012年3月31日にSP達成、2012年8月31日にDD達成。
2013年4月にサファイヤDDを達成。


そして、2013年5月にエメラルドDDを達成。
そのままの勢いでダイアモンドDDまで達成したのです。


ちなみに、成功時の達成ラリーのセミナー動画もあります。





ここまで成功したのには大きく二つの要因があると言えます。


一つが既に紹介したように本人のポテンシャルが圧倒的だったことです。


スポーツで大きな成果を出すというのは良い大学に進学するとか
会社で大きく出世する以上に難しい事です。


国体でキャプテンで優勝というのは選ばれた人だけが
成し遂げられる実績なわけですからアムウェイをやっても
ガンガン行動できるのは間違いないでしょう。



そして、もう一点大きな要素に師匠の川嶋健史さんの存在があります。


どれだけ本人のポテンシャルが凄くても進む方向が違えば
全く結果が出ないなんて事はよくある話です。


しかし、渡部敬祐さんは師匠にも恵まれていたのです。


川嶋健史さんが凄いのはなんと一回アムウェイのグループを
奥さんに譲る形で手放しているという点です。


つまり、一回組織をゼロにしているのです。


そして、再度アムウェイをスタート。


普通は既に人脈などに口コミをしているわけですから
ゼロからだときついに決まっています。


しかし、たった2年で再挑戦のアムウェイビジネスでも
ダイアモンドを達成したのです。



ちなみに、再挑戦時は渡部敬祐さんと同時期にタイトルを獲得し
二人で達成ラリーを行ったようです。


このように、

・本人のポテンシャルが高かった
・凄腕の師匠がいた


というのが渡部敬祐さんが
短期的にダイアモンドDDを取れた要因の一つだと言えるでしょう。


しかし、そんな脚光を浴びていた渡部敬祐さんも最近は

「渡部敬祐さん見なくなったよね、もしかして辞めたの?」

という風に話題になりました。


実際のところタイトルも降格してしまったという書き込みもありますし
人間関係でトラブルがあったとか別の組織にダウンが移動したとか
ある事ない事噂というのはあります。



ただ、本当のところは分かりません。


何にせよ言えるのは以前のように表舞台では
もう活動しなくなってしまったという事です。


ちょっとくらい成功しても安心できないのがアムウェイでありMLM



渡部敬祐さんについての詳細は不明ですが
何にしても言えるのはネットワークビジネスは
決して不労所得ではないという事です。


というのが一度獲得したダウンはやめる可能性もあるからです。


離脱者 > 参加者

このようになると当然グループは縮小します。



グループが一度縮小しはじめると不安がグループメンバーに
広がっていくので急に組織が小さくなる事もあるのです。


そもそも、渡部敬祐さんという圧倒的なポテンシャルがあり
師匠にも恵まれた人物ですらふとした時に上手くいかなくなってしまうものなのです。



これはもはや本人の問題というよりも
ビジネスモデルの問題だと僕は考えています。


今の時代、そもそもネットワークビジネス自体が
社会的に嫌われているビジネスであり、ちょっとでも上手くいかないと
家族や友達などから「辞めた方が良いよ」と言われます。


さらに、ダウンが増えたら増えたで
人間関係も増えていくし結局不労所得とは程遠く
いつまでも組織のケアをしないといけないわけなのです。



アムウェイ自体が90年代をピークに売上が落ちていますから
そんな「売上が落ちている中」で自分だけ伸ばすというのは
至難の業なのです。


そして、これはどんなネットワークビジネスにも言える事で
今が良くても将来安泰な保証はどこにもないという事です。


僕自身もネットワークビジネスは一つの収入源として
持っていますが、これからの時代、「複数の収入」を持つのが
何よりも大事だと言えます。



その点で、ネットワークビジネスだけではなく
個人で出来るネットビジネスも一つの選択肢として持つべきです。


今の時代、インターネットを使えば
ネット上の不特定多数の人を相手に商売ができますし

「勧誘しなければいけない」
「アポを取らなければいけない」

というようなストレスとも無縁です。



個人で複数の収入を得ることが真の安定ですから
盲目的にならない事が何よりも大事だというのが
渡部敬祐さんの活動休止騒動から学べることだと思います。


以下のような記事も参考にしてみてくださいね。


ネットワークビジネスとネットビジネス、どっちが稼げるのか?


ネットビジネスで初心者がまず生活費を稼ぐ方法とは


という事で参考になれば幸いです。


では、難波でした^^


PS.

難波がお勧めする商材はこちら

↓↓

難波が推薦する情報商材評価早見表


ネットビジネスで知りたいこと、気になること、商材についての疑問点など
なんでも質問して下さい^^
↓↓
難波への質問はコチラ


また、僕の方でも150ページのPDFファイルにて
ネットで稼ぐ方法をプレゼントしています。


こちらもご覧ください^^

全150ページ以上のPDFをプレゼント!
無料で学べるメルマガです^^

↓↓

tokutensita.jpg